社会福祉法人京都社会事業財団 北野保育園は児童福祉法に
基づき「保育に欠ける」乳幼児の保育を行う。
保育にあたっては,子どもの人権に十分配慮するとともに
子ども一人ひとりの人格を尊重して保育を行う。
児童の最善の幸福の為に,日々,保護者や地域社会と連携を
図り,児童の福祉を積極的に進め,あわせて地域における
保護者支援も行う。










① 子どもの健康と安全を基本にして,保護者の協力の下に,
      家庭養育を補い助ける。
② 子どもが健康・安全で,情緒の安定した生活ができる
      環境を用意し,自己を十分に発揮しながら活動する事
      により,健全な成長を図る。
③ 豊かな人間性をもった子どもを育成する。
④ 乳幼児等の保育に関する希望や意見,相談に関しては,
      わかりやすいことばで説明し,相互に理解をする。
      又,公的施設としての社会的責任を果たす。

 











大目標「生き生きとした子ども」
☆ 意欲的で思いやりのある子ども
☆ 話をよく聞き,自己を十分に発揮できるこども
☆ 元気な子ども
☆ 身辺処理のできる子ども
☆ 協調性のある子ども
☆ 考える子ども